保護者会規約・細則

保護者会規約

最新のものは学校便覧に掲載されています。



保護者会役員・委員選出細則

(1)対象・定員:各校における保護者会役員、及び各委員

ア. 保護者会役員の各校最大12名

イ. 各委員の定員は各校の役員会にて決定

(2)選出方法:

1. 本補習校に在籍する保護者に対して各校の役員会が指定した形式でそれぞれの立候補を募る。

2. 上記立候補者の中から先に選出する。立候補者数が定員を上回った場合は、各校の役員会が定めた方法で抽選・選出する。

3. 立候補者数が定員に満たない場合は、必要に応じて各校の役員会が定めた方法で欠員分の抽選・選出を行う。

4. 保護者会役員の選出については、任期途中での欠員補充を除き保護者会規約第6条(2)に従い各校保護者会の定例総会において承認を得る必要がある。

5. 以下に該当する場合、保護者会役員、及び各委員の選考対象外とする。但しこれらの者の立候補を妨げるものではない。

ア. 2021年度までに保護者会役員、図書委員長・副委員長を経験した者

イ. 当該年度に理事、本校教職員である者

ウ. その他、各校の役員会が特別に認めた者

(3)保護者会役員、及び各委員に任期途中での欠員が出た場合は、各保護者会で欠員を補充するかを判断する。補充する際は、各校の役員会において規約第6条(3)に従って選出を行う。


保護者会(合同)総会運営手続きに関する細則

(1)議案の提出と修正案に関する手続き

1. 保護者会(合同)総会において採決する場合は、それぞれの総会開催3週間前までに役員(会長)宛で議案が指定された形式で提出されること。

2. 総会の2週間前までに議案の趣旨、内容を全会員に知らせる。議案に対する修正案は総会の1週間前までに役員(会長)宛て指定された形式で提出されること。なお、当日の提案および修正案は意見として聞くが採決事項とはならない。

(2)委任状と定足数

1. 定足数:保護者会規約に決められた保護者会(合同)総会の成立に必要な定足数および採決の条件を確定する。開催一週間前の家庭数(合同総会については両校合計、各校総会については各校の家庭数)を基準に定める。

2. 委任状配布:保護者会(合同)総会のお知らせを同時配布する。

3. 集計:委任状に記載の家庭名を確認し委任状数をカウントする。当日回収分の委任状を合わせて、家庭数、出席者数、委任状数を開会後30分までに確定し会長に報告する。

4. 委任状形態:役員会が配布する所定の委任状(オンラインシステムによる電子委任状を含む)を使用する。